示談金の交渉にも弁護士

弁護士や司法書士での相談は何も借金問題に限らず、交通事故などの示談金の交渉などにも頼れます。

 

交通事故に遭った場合、何が面倒かと言うと、やはり相手先(加害者)との交渉でしょう。最初に謝罪があり、誠意のある人だとわかれば、後は保険会社の担当員との話し合いに移れますが、中にはお詫びの電話1つもせず、自分から保険会社に行ってもらうような人もいます。

 

保険会社の方でも、一度は自分で出向いて謝罪するように言うのですが、こういう人は要注意です。

 

治療費などは保険で下りるので良いのですが、一番判断をしっかりしたいのが示談の時期です。治療が終わり、重症の場合にはリハビリ期間を終えた後で、医師からひとまず大丈夫と言われたら、その時から考えれば良いでしょう。

 

しかし、短期間の治療で済んだり、又は一度病院で検査をして異常なしと言われた時は、すぐに示談せず慎重になった方が良いです。特に頭を打っている場合は、数か月後になって症状が現れることも珍しくありません。

 

そこで、取りあえず医師から「もう大丈夫ですよ」と言われても、示談の際は一筆入れることをお薦めします。また、殆どの保険会社がそのようにして示談に持って行きます。

 

それは、今後被害者の身体に何か異変があった場合、医師が「これは交通事故の後遺症です」と診断した場合、再び保障にしてくれるという一文です。これがあれば被害者も被害者の家族も安心出来ますので、是非この一筆は入れて示談にすることをお薦めします。

 

こういった難しい部分や面倒な内容であっても、法律事務所ではしっかりと対応をしてくれます。自分で交渉をするよりも多くの示談金が獲得できる可能性も高いので、交通事故に遭ってしまった場合には交通事故の示談交渉を弁護士に任せるメリットを確認したうえで、まずは相談から始めてみると良いでしょう。